うっかりに注意!健康にもかかわる薬の飲み合わせ

知らないと危ない!?薬の飲み合わせ

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

薬と正しく付き合おう

皆さんは薬の相互作用、という言葉をご存知ですか? 薬同士で、またはそのほかの影響で、薬の効き目に問題が生じてしまいます。 効き目が強くなったり、弱くなったり、場合によっては逆に健康に害を及ぼしてしまうことも。 ここでは薬の飲み合わせなどで起こる、相互作用についてご紹介します。 続きを読む

飲み合わせによっておこる相互作用

なんだか熱っぽいな、少し頭痛がする、そんなとき、あなたはどうしますか?
我慢する、早めに寝てしまう、など、対策はいろいろありますが、薬を飲むという人も多いのではないでしょうか。
体調が悪くて病院に行くと、薬を処方されることが多いですよね。
今は病院に行かなくても、薬局などで手軽に風邪薬や鎮痛剤などを購入することもできます。
それだけ私たちの生活に身近に存在する薬、健康を維持していくうえでとても心強い味方といえます。
しかし、薬(クスリ)を並び間違えるとリスクになる、という言葉もあるように、正しく服用しないと問題が起きてしまうことがあります。

一度に大量に飲んだりなど、明らかに間違った飲み方をする人は少ないと思うのですが、うっかりとやっていたことが実はダメだった、ということもあります。
特に、飲み合わせや食べ合わせは気づかないうちにやってしまい、薬の効果に問題を生じさせてしまっているかもしれません。
薬には「コップ一杯の水とお飲みください」などの注意書きがされていることが多いです。
しかし、あまり気にせずにお茶で飲んだり、食事の時に飲んでいたコーヒーで飲んだりする人も少なくないと思います。
また、飲みものには気を使っていても、食事内容には気づかず、NGな食べ合わせが起こってしまっていることもあります。

薬は薬品である以上、服用する人の体質などによって100%安全、副作用が出ない、という飲み方はありません。
しかし、正しい飲み方をすることでそのリスクはグッと抑えることができるのです。
せっかくの健康のための薬、できるだけリスクを押さえて飲むために、注意したい飲み合わせや食べ合わせについてご紹介します。

絶対にダメ!組み合わせると危険なもの

先に、相互作用についてご紹介しました。 ここでは食べ物や飲み物での相互作用についてご紹介します。 うっかり一緒に飲食してしまい、思わぬ健康被害を起こさないよう、参考にしてください。 中には「え?これダメなの?」というものも含まれているかもしれません。

続きを読む

正しく服用するために

取り扱いを間違えると怖い薬。 しかし上手に付き合えば私たちの病気を治してくれる心強い味方になります。 では、どうすれば安全に、正しく服用できるのでしょうか? ここでは基本的な薬の飲み方や、飲み合わせなどによって健康被害を生じさせないために、やっていきたいことをご紹介します。

続きを読む